おおよその費用を理解する

灸治療

鍼灸師になるための学校はいくつかありますが、主に大学よりも専門学校の方が多い傾向にあります。そのため、高校卒業者そのまま専門学校に進む人もいれば、いったん大学まで生き大学を卒業した後に専門学校に通う人も少なくありません。このように考えると、鍼灸師になるためにはそれなりのお金が必要になります。では実際に専門学校に通うときにはどれぐらいの費用が必要になるか問題ですが、一般的には1年間150万円くらいはかかると考えておいてよいです。なぜこれほどの費用がかかるかといえば、実技などが多く使う道具も高価なものが多いからです。3年間通うことになると、450万円ほどの金が必要になるため十分にお金をためておくことが大事です。

お金がない場合の対処法

模型と鍼灸師

鍼灸師になりたいけども、学校に通うお金がない場合には、ローンを組むことも必要になるでしょう。もちろんローンを組む場合も消費者金融からお金を借りるのではなく、学校と提携しているローン会社からお金を借りる方法があります。消費者金融を利用することが悪いわけではありませんが、金利などを考えると長期的に返済する場合消費者金融では不利になります。つまり、学校で提携している業者にお願いした方が金利が安いため返済額が少なくて済みます。とはいえ、いくら学校と提携しているところといえども生活に支障があるほど借金をしてはいけません。

就職する場合に有利になる

鍼治療

これから鍼灸師の資格を取る場合には、独学で勉強するのは難しいため学校に通うことになるでしょう。鍼灸師の資格を取って行うことができるのは針の専門家になるほどです。世の中には、針治療を必要としている人も少なくありません。特に、高齢化社会になるにつれ針治療をしたいと考えている人もいるのです。またあまり知られていませんが、不妊治療なども針を打つことにより結果が出るようなことも考えられます。比較的多くの人が持っている資格ではないため、就職する場合に有利になるでしょう。

独立する場合も有利になる

医者

鍼灸師の学校に通う場合には、独立することを目的にしている人も少なくありません。独立する場合は、鍼灸に関する仕事をすることになります。ただ、最初から独立する場合はいきなりお客さんが来るわけではありません。独立する目標があるにしてもまず基本を学ばなければいけません。この基本とは、専門学校で学ぶこと以外にもどのようにお客さんと接するかなどです。またお金の管理や売り上げをどのように伸ばしたらよいか、あるいはどうやったら集客をすることができるかも学んでいく必要があります。独立する場合でも、まずはそのような勉強するためどこかに就職してみてもよいかもしれません

広告募集中